カメラマン・ステージ美術家

写真撮影のプロフェッショナル「カメラマン」とステージの演出や美術・セット制作などを総合的に手がける「ステージ美術家」について

カメラマン

カメラマンとは、写真撮影のプロフェッショナル。近年では、フォトグラファーと呼ばれることも多いです。

写真の使用目的は多岐にわたり、雑誌や本、新聞、ポスター、カタログ、報道写真、展示会などがあります。対象となる被写体も、人間や動物、自然、建物、事件現場、料理、ファッションなど幅広くあり、多くのカメラマンが自分の得意分野をそれぞれ持っています。撮影以外には、現像・引き伸ばし処理などをカメラマン自身が行う場合もあります。

カメラマンになるには、カメラや写真についての基礎技術を身につけることが必要です。大学や専門学校で写真の勉強をしたり、プロのカメラマンに弟子入りして経験を積んだり、別の仕事をしながら写真を撮って独学する方法などがあります。

いずれにせよ、すぐプロになるのは難しく、プロになったとしても非常に競争が激しい世界なので、成功するには作品の質を上げる努力はもちろんのこと、 カメラマンとしての才能も必要です。

カメラマンの就職先には、出版社や広告代理店、新聞社、スタジオなどがあります。フリーで活躍しているカメラマンもたくさんいます。会社と契約しているカメラマンの収入は安定していますが、フリーのカメラマンの収入は不安定で、実力によっても差があります。

カメラマンに大切なことは、シャッターチャンスを逃さないこと、固定概念にとらわれない創造力と構成力、長時間の撮影に耐えられる体力などが挙げられます。

ステージ美術家

ステージ美術家とは、ステージ上でのコンサートや演劇が、さらに素晴らしいものになるように、ステージの演出や美術・セット制作などを総合的に手がけるスペシャリストです。

仕事の流れは、演出家と一緒にステージのデザインをしてプランを立てることから始めます。その後、図面やイラストを描いて色付けをしていきます。それを元に、ステージのセットをしていき、本番には画面が変わるときに、すぐに対応できるようにスタンバイしておきます。
建物のセットや照明を駆使した演出など、観客を魅了していくステージを演出できるように心がけます。ステージ美術家になるには、美術関連の大学や専門学校を卒業したあと、舞台制作会社やステージ美術関係に就職することです。有名美術家のアシスタントを行いながら、経験を積んでいく方法もあります。

ステージ美術家の求人情報は、求人雑誌や新聞などで募集を行っています。空間を演出するセンス、光や音で演出する方法、豊かな色彩の感性、コンピュータを使って操作などの知識や技術が必要です。

また、地方公演には移動も多く、体力がいる仕事です。演出家や音響エンジニア、照明スタッフと連絡を取り合ったり、打ち合わせなどが多いので、コミュニケーション能力も必須です。