イラストレーター

イラストを描く「イラストレーター」のなりかたや、具体的な仕事内容

イラストレーター

イラストレーターとは、ポスターや雑誌、本、カレンダーなどのイラストを描く仕事です。クライアントの注文を受けて、目的に合ったイラストを期限内に完成させます。

単にキャラクターや絵を描くのではなく、情報や物語などといった要素を織り込んで表現するイラストを描くことが必要です。最近では、手で描いたイラストだけではなく、 コンピュータで描いたイラストも増えています。

イラストレーターの職場には、デザイン事務所や広告代理店のグラフィック部門、印刷会社などがありますが、フリーで仕事をしている人がほとんどです。

収入も、知名度や経験などによって人それぞれです。新人であれば、1カット数千円ほどですが、有名になってくると、1カット数十万円といった収入になってきます。

イラストレーターになるには、専門学校でイラストの基礎的技術を学んだり、大学の美術学科などを卒業するのが一般的です。

イラストレーターだけで生計を立てている人はとても少なく、多くのイラストレーターは、他の仕事をしながらイラストを描いています。

クライアントがいなければ、イラストの仕事がもらえないので、独自の作風やセンスを磨きながら、コンクールなどに応募したりしてチャンスを待つことになります。

また、自分からイラストを広告代理店に持ち込んで、積極的にアピールを行う方法もあります。とにかく絵が好きで、コツコツ努力していくことが必要です。

自分の好きなイラストだけを描けるわけではなく、他の職種との共同作業で仕事をしていくことも多くあるので、人の意見を謙虚に受け入れる姿勢や、コミュニケーション能力も大切です。

テクニカルイラストレーター

テクニカルイラストレーターとは、自動車や家電製品、コンピュータなどといった機械の精密なイラストを描く仕事です。

自動車や洗濯機などのカタログや、取扱説明書に掲載される透視図、製品の完成予想図、工業製品の社内で利用する設計図、コンピュータ関係の雑誌に掲載するイラストなど、さまざまな場面で利用されます。

機械だけではなく、科学雑誌などで人体の細胞のイラストなども描くことがあります。

テクニカルイラストレーターの働く就職先として、設計事務所やデザイン事務所、メーカー企画開発部門が挙げられます。経験を積んでフリーになる人もいるそうです。

トレーサーから転職する人もいます。収入については一般事務職より多めと言われています。イラストを精密に描くことができる細やかな神経と、描く分野の製品の材料や機能についての知識も必要になります。

テクニカルイラストレーターになるには、専門学校のテクニカルイラストレーション科などで勉強する方法があります。資格には、厚生労働省が実施しているテクニカル・イラストレーション技能士があります。

必須の資格ではありませんが、持っていると就職や転職に有利でしょう。

資格名

テクニカル・イラストレーション技能士

分類

国家資格

受験資格

実務経験が必要。学歴・職業訓練歴などで期間が異なる。要お問い合わせ。

試験内容

【1・2級】<学科>製図、機械一般、立体図、選択科目など。<実技>立体図完成作業、立体図仕上げ作業。
【3級】<学科>製図、立体図、選択科目など。<実技>テクニカルイラストレーション作業。

試験日

<実技>1月下旬
<学科>2月中旬

試験料

<学科>3,100円
<実技>15,700円

試験地

全国各地の職業能力開発協会が指定する。要お問い合わせ。

合格率

-

問合せ先

中央職業能力開発協会または全国各地の職業能力開発協会

東京のおすすめ子供写真館