ゲーム関連

ゲームなどに登場するキャラクターをデザインする「キャラクターデザイナー」とゲームソフトの企画や開発に「ゲームクリエーター」について

キャラクターデザイナー

キャラクターデザイナーとは、アニメやゲームなどに登場するキャラクターをデザインする仕事をします。略してキャラデザとも呼ばれます。

アニメ製作現場では、経験豊富なアニメーターがキャラクターデザイナーを担当することが一般的です。ゲームのキャラクターデザインを行う人は、ゲームについての知識やクライアントの要望に基づいた、キャラクターをデザインします。

アイテムやインターフェイスなど、キャラクター以外のデザインも行うので、高度な画力が必要です。必要に応じてCGで表現を行うこともあります。

マンガや小説を原作としてアニメ化した作品は、アニメでのキャラクターを描く人をキャラクターデザイナーとし、原作者やイラストレーターをキャラクター原案者とされるようです。

キャラクターの原案がある場合は、外見を真似てキャラクターをデザインするほか、キャラクターデザイナーのペンタッチによって外見が変えられることもあります。

キャラクターデザイナーになるには、アニメ関連の専門学校でキャラクターデザインについて勉強し、卒業後に学校からの紹介で就職する方法などがあります。

そのほか、マンガ家やイラストレーターになって人気が出ると、キャラクターデザインの仕事の依頼がもらえたりします。

グラフィックデザイナーが、キャラクターデザインの仕事を任されることもあり、その場合は、キャラクター以外の背景などのデザインの仕事もこなして、実力を認めてもらうことが必要となります。

ゲームクリエーター

ゲームクリエーターとは、ゲームソフトの企画や開発に関わる仕事をする人のことをいいます。

ゲームクリエーターには色んな分野があります。企画・構成を行うプランナー、RPGのストーリーのシナリオを書くシナリオライター、登場人物をデザインするキャラクターデザイナー、CG画像を作るグラフィックデザイナー、映像に合わせた曲や効果音を作る音楽担当者など、多岐にわたります。

手がけるゲームの種類にも、家庭用ゲーム機のソフトや、携帯電話・パソコンのオンラインゲーム、アミューズメントパークのゲームなど幅広くあります。ゲームクリエーターになるには、学歴や資格は必要ありません。

コンピュータの知識や、プログラミング能力は必要になります。何より求められているのは、自由な発想力と個性的なアイディアです。

作ったゲームが大ヒット商品になれば、海外への輸出も行い、ゲームに関わった社員全員に大きな報酬が約束されます。しかし、大ヒットを出す人は、ほんのひと握りであり現実はそう甘くはないでしょう。

ゲームクリエーターの職場は、ゲームソフト制作会社や玩具メーカーなどです。すぐに就職することも可能ですが、大学や専門学校でコンピュータの基礎知識や、ゲームに関することを学んで入社する人もたくさんいます。

ゲームが大好きでアイディアが豊富な人、面白いゲームを作る自信がある人は、自分の立てた企画を直接ゲームソフト会社に売り込む方法もあります。