デザイナー

印刷物のデザインを考える「グラフィックデザイナー」と商品などのパッケージを考える「パッケージデザイナー」について

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーとは、書籍や雑誌、ポスター、パッケージ、包装紙、ダイレクトメールといった印刷物のデザインを考える専門職です。クライアントから注文を受け取り、目的に合ったデザインを表現していきます。

パソコンを使って制作するのが主流です。印刷物のデザイン以外にも、インターネットのWebページをデザインするなど、デジタル媒体のデザインを行うグラフィックデザイナーも多くいます。

グラフィックデザイナーの中でも、高度なデザイン力を持ち、共同制作のアイディアをまとめるアートディレクターや、書籍・雑誌の表紙を手がけるエディトリアルデザイナーなど、グラフィックデザイナーの仕事も細分化・専門化が起こっています。

グラフィックデザイナーは、イラストレーターやWebデザイナー、フォトグラファーなどと共同で作業をすることが多いですが、低い予算の印刷物の場合は、グラフィックデザイナーが1人で打ち合わせや交渉、作品作りを行うこともあります。また、他のグラフィックデザイナーから仕事の一部を振り分けされることもあります。

グラフィックデザイナーになるには、資格は必要ありません。美術系の大学やデザインの専門学校で、デザインの基本やデッサン、レタリングの知識を学んだ後、出版社や印刷会社のグラフィック部門に就職する方法や、実力あるグラフィックデザイナーの助手になって、経験を積んでいく方法などがあります。

細かい作業が多いので、手先が器用であることが必要です。くわえて、自由な発想力と美的センスも必要です。一見華やかな仕事に見えますが、締め切りに追われたり、クレームを受けてやり直すこともあり、生活は不規則になりがちです。

パッケージデザイナー

パッケージデザイナーとは、商品や製品のパッケージをデザインする仕事です。

パッケージのデザインセンスはもちろんのこと、年齢・性別・職業などといった、どういう消費者をターゲットにした商品なのか、ライバル商品のコンセプト、類似品とはどういう違いがあるかといった、マーケティングの幅広い知識や調査が必要です。

商品の売れ行きを良くするための販売戦略の一環として、1つの商品に複数のパッケージを利用して、お客さんに選ぶ楽しみを与えたりということも一般的に行われています。

パッケージのデザインは、商品の企画段階から関わることもあり、パッケージの重要性や需要はますます増えてきています。パッケージデザイナーの就職先としては、メーカー企画部門や開発部門、デザイン事務所などがあります。

パッケージデザイナーになるには、「年鑑日本のパッケージデザイン」などの書籍で求人情報をチェックする方法などがあります。この本には、毎年パッケージ応募作品のなかから、厳選して選ばれたパッケージ作品が収録されており、食品や飲み物、医薬品、 化粧雑貨、ギフト品、輸送用ケースなどといった分類に分けて紹介しています。

パッケージデザイナーを目指す方は、勉強として読んでみると良いでしょう。

世界に通用するデザイナーになるには

海外でも通用する職業につく方なら済ませておきたいことが英語の習得です。ですが、日本で英会話を習うのは短期間での習得には向いていません。早く身に付けるのなら語学留学がおすすめです。ファーストクラスが運営する語学学校はフィリピンのセブ島にあり、ホテルと学校が別々の場所に設立されているため、海外で生の英語に触れ学んだことをすぐに実践できるメリットがあります。現地で実際に英語に触れ身近に感じることにより英語への抵抗感もなくなりますし、街中の外国人とのコミュニケーションを図ることにより発音や文法の勉強も積極的に行うことができるのです。自分の目的や目標に合わせて期間や授業内容を構成することができるため、一人一人に合った最適なカリキュラムが組めて、最短での英語力を身に付けることができます。セブ島自体も治安がよく物価も安いのでとても住みやすく、食事や衣類などもレストランやショッピングセンターなどの施設が充実しているので快適に過ごすことができておすすめです。

フィリピン英語留学で語学を習得するなら