CGデザイナー

デザインセンスだけでなくコンピューターの技術力や構成力なども必要なCGデザイナーについて

CGデザイナーの仕事と資格

CGデザイナーとは、CG(コンピュータグラフィックス)を使って、映像や画像をデザインする専門職です。

CGは現在、用途がとても広がっており、映画やゲームはもちろんのこと、住空間を表現するためのインテリアデザイン、プレゼンテーションでの利用、ホームページのデザイン、バーチャルリアリティー開発など、様々な分野でニーズが高まっています。

図形の基本データをもとに、質感や影を造る加工などの操作を行い、立体的なデザインを作っていきます。

コンピュータの操作技術、デザインセンス、構成力などが必要になります。また、仕事中は基本的に、ずっとコンピュータに1人で向き合って地道な作業を行うため、集中力と根気も要ります。

CGデザイナーは、放送局やアニメーション制作会社、ゲームプロダクションに就職するほか、フリーで仕事をする方法もあります。実力がついてくると、かなりの高収入が期待できるようです。

そのほか、インターネットの普及にともない、一般企業の情報システム部門などでもCGデザイナーの求人を行うところが出ています。次々に技術が進歩していく業界なので、新しい技術を常に取り入れようとする努力が必要です。

CGデザイナーになるには、芸術系大学や専門学校などで勉強して技術を身につけたあと、プロとして就職し、その後実力をつけてフリーのCGデザイナーを目指す方法などがあります。

資格には、CGクリエイター検定などがあり、映像表現技術やCG理論の知識を証明するものの1つとなります。

資格名

CGクリエイター検定

分類

民間資格

受験資格

【1級】デジタル映像部門2級合格者
【2・3級】特になし

試験内容

【1級】<1次試験>専門知識の応用とデジタル映像制作における問題解決 <2次試験>課題に基づいたデジタル映像の制作
【2級】写真撮影、動画撮影、 映像編集、モデリングなど。
【3級】CGの基礎、表現の基礎、3次元CGの制作、技術の基礎、知的財産権。※各級それぞれデジタル映像部門とWebデザイン部門があります。

試験日

6月・11月下旬

試験料

【1級】1次・2次試験各7,500円
【2級】5,500円
【3級】4,500円

試験地

全国主要都市

合格率

【2級】Webデザイン部門約64%
【3級】約50%

問合せ先

CGARTS協会 03-3535-3501